質預かりのシステム

若い世代の方々は、買い取りを利用する方が多いかもしれません。

自分に必要がないブランド品や時計などを買取店で買い取ってもらい、また別の商品を購入する等、便利に利用されています。

でも質屋のシステムも理解しておくとお金がどうしても必要という時、消費者金融などを利用するより安心の利用ができます。

質屋に預かってもらう品物をお店に持っていくとその品物について鑑定してくれます。

鑑定した結果、品物に見合った融資出来る金額を提示してくれます。

その時、全金額を借りてもいいですし、その一部を借りることもできます。

もし鑑定した結果、金額に納得がいかないという場合、品物は持ち帰る事が出来ます。

品物を鑑定してもらう場合に、初めてその店舗を利用する際、身分証明書が必要となります。

運転免許証や健康保険証、パスポートなど持参して提示してします。

(関連記事:身分証明書ガイド | 各種身分証明書の用途、作り方

一般的に18歳以上の方が利用できますが、高校生は利用できません。

品物を預かってもらい融資を受ける際、質札というものを渡されます。

これは、品物を確かに預かりましたという契約書のようなものでもあり、預かりを証明するものとなりますので、品物を受け出しに行く際や質預かりの延長などを申し出るために利息を支払うという場合などに必要です。

預かりの期間や利息については、各質屋で確認するようにしてください。

もし、質預かりの期間を超えても、もう少し預かってほしいという場合には、期限前に利息を支払えば大丈夫です。

仮に、返済ができないという時にも、品物を預けているので取り立てがあるとかそういったことはありません。

こうした点を考えると、もし質屋に持っていけるようなものがあり、急ぎ現金が必要な時など、便利なシステムです。